石積みについて/沖縄の世界遺産 中城城跡

沖縄の世界遺産中城城跡紹介中城城跡の歴史ご利用案内アクセスお問い合わせ
石積みについて

中城城跡は世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)/国指定史跡/日本100名城に指定。

石積みについて

グスクの石積みには大きく分けて、野面積み、切石積み(布積み、相方積み)があり、中城城跡では、この3種類の石積みを一度に見る事ができる。

野面積み:南の郭

野面積み「野面」とは、加工していない石の事。その名の通り、自然の岩や石をそのまま組み合わせる、最も古い技法。

布積み(別名、豆腐積み):一の郭、二の郭

布積み直方体に加工した石を、一段ごとに高さを揃えてブロック状に積み上げる。門の周辺にもこの技法が用いられており、大きな石を積む事で強固に仕上がっている。

相方積み(別名、亀甲乱積み):三の郭、北の郭

相方積み石を多角形に加工し、互いに噛み合うように積む技法。強度と耐久性に富む。護佐丸の時代に築いたとされる裏門に面した三の郭と北の郭に見られる。


中城城跡

なかぐすくじょうあと

運営:中城城跡共同管理協議会

電話:098-935-5719

Fax:098-935-1146

事務局住所:〒901-2314 沖縄県中頭郡北中城村字大城503

史跡住所:沖縄県中頭郡中城村泊1258番地

世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
国指定史跡 / 日本100名城

ページの上へ