中城城跡の歴史/沖縄の世界遺産 中城城跡

沖縄の世界遺産中城城跡紹介中城城跡の歴史ご利用案内アクセスお問い合わせ
中城城跡の歴史

中城城跡は世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)/国指定史跡/日本100名城に指定。

中城城跡の歴史

14世紀中頃(室町時代)
先中城按司の初代が台城に居城を構え中城城を築き始めた。その後一族が数世代で、南の郭、西の郭、一の郭、二の郭を築造した。
14世紀後半(室町時代)
城跡内の発掘調査から出てくる遺物が14世紀後半のものであることから、この頃から城として使用されていたと考えられる。
1440年(室町時代)
護佐丸が王命により、座喜味城から移封、勝連の攻撃に備えて、三の郭と北の郭を増築し、完成させた。
1458年(室町時代)
護佐丸滅亡 旧暦8月15日、月見の宴の最中、勝連按司阿麻和利が首里王府軍の総大将として中城城を急襲した。
1458年(室町時代)
護佐丸滅亡後、中城城は王府の直轄地となり、王族又は
~1469年まで代理者が管理したようである。
1470年~(室町時代)
中城城と中城の領地は、世子である中城王子の採地となった。
1729年(江戸時代)
中城城一の郭に、中城間切番所が置かれた。
1853年(江戸時代)
ペリー提督一行(奥地探検隊)が中城城跡の調査測量等を行った。ハイネが4枚のスケッチを残している。
1879年(明治12年)
明治政府「琉球処分」を強行。沖縄県設置
廃藩置県により琉球は沖縄県となる。中城間切番所はそのまま一の郭に存続。
1882年(明治15年)
番所の一室を利用して、中城小学校を開設。
1886年(明治19年)
城郭東側の広場に、瓦葺き一棟4教室と運動場を建設して、中城小学校を移す。
1897年(明治30年)
1729年以後、中城城跡一の郭の郭内に置かれていた「中城間切番所」は「中城間切役場」に改称される。
1908年(明治41年)
勅令による町村制の実施により、中城村役場となる。
1920年(大正9年)
城郭東側の広場の「中城小学校」は屋宜に移され、その跡地は馬場になる。
1945年(昭和20年)
第二次世界大戦により、中城城内の村役場は焼失する。
1946年(昭和21年)
中城村役場は、奥間に再建されたため、城郭内は無人地域となる。
1947年(昭和22年)
《11月5日》 民政府(琉球側)、中城村長渡嘉敷親睦に中城城跡の公園指定を内命する。
《11月23日》 中城村長が軍政府へ呼ばれ、公園計画の指示を受ける。
1948年(昭和23年)
《7月~9月》 仲座久雄氏設計により中城公園整地工事が行われる。
《9月~》 公園施行工事着手。
1949年(昭和24年)
《12月12日》 中城村協議会において、「中城公園」の運営形態について、村と民間の共同経営の方針を決める。
1950年(昭和25年)
《2月》 公園施設(売店・遊技場・闘牛場・レストラン)が完成する。
《2月1日》 「中城公園株式会社」が設立される。すぐに「公園組合」に改組される。
《2月19日》 民政府指令により公園許可がなされる。
《3月5日》 「中城公園」の開園式が行われる。
1955年(昭和30年)
《1月25日》 琉球政府文化財保護委員会により、史跡名勝重要文化財(建造物)に指定される。
《7月19日》 「中城公園」の営業権が民間に譲渡される。
1958年(昭和33年)
《4月17日》 琉球政府文化財保護委員会により、特別史跡に指定される。
琉球政府文化財保護委員会により、特別重要文化財に指定される。
1961年(昭和36年)
中城城跡石垣修復事業開始。
1968年(昭和43年)
中城城跡石垣修復事業終了。
1972年(昭和47年)
《5月15日》 沖縄の日本復帰に伴い、国指定の史跡となる。
1992年(平成4年)
《4月1日》 公有化事業により、管理が中城村・北中城村に移管される。
1994年(平成6年)
《10月1日》 中城城跡共同管理協議会を設立。
1995年(平成7年)
《6月》 20年計画で中城城跡保存修復事業を開始
2000年(平成12年)
《12月2日》 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録される。
2006年(平成18年)
《4月6日》 日本城郭協会より「日本100名城」に選ばれる。

中城城跡

なかぐすくじょうあと

運営:中城城跡共同管理協議会

電話:098-935-5719

Fax:098-935-1146

事務局住所:〒901-2314 沖縄県中頭郡北中城村字大城503

史跡住所:沖縄県中頭郡中城村泊1258番地

世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
国指定史跡 / 日本100名城

ページの上へ